日米交流
Japan-US Encounters Website
History of Japan-US Relations in the period of late 1700s and 1900s

 

ハドソンズ・ベイ・カンパニー

ハドソン・ベイとヨーク・ファクトリー
Image credit: © 筆者

ハドソンズ・ベイ・カンパニーは、1670年5月2日、ロンドンで設立され、ハドソン湾南岸のヨーク・ファクトリーに拠点を持つ、イギリスの毛皮交易会社であった。当時イギリスのビーバーは捕りつくされ、北米に良質の資源を求め進出したのだ。この会社は驚くことに、1957年まで毛皮交易も行い、現在もカナダで大規模に小売流通業を営む、北米で最古の会社である。ちなみに2005年の財務諸表を見ると、年間売り上げが約70億カナダ・ドルあり、今日の換算レートで約7千億円である。(興味のある方は、www.hbc.com/hbc/ を見てください)

当時は遠隔地の毛皮猟師と交易をするため、方々に拠点を構え、自給自足に近い体制を持っていた。そして毛皮とイギリス工業製品や生活必需品、食料などと交換した。交易相手は白人猟師や土地のインディアンである。支配領域はどんどん西に広がり、同様に西海岸を目指し交易を広げていたノースウエスト・ファー・カンパニーと権益が衝突し、小競り合いで血を流すこともしばしばあった。1821年にはイギリス政府の仲介命令で2社は合併した。(ハドソンズ・ベイ・カンパニー自身が書いている歴史については、www.hbc.com/hbc/history/ と www.hbc.com/hbcheritage/history/overview.asp とを見てください)

ちなみに、1832年10月に漂流した宝順丸の3人、岩吉、久吉、音吉は1833年12月、ワシントン州フラッタリー 岬に漂着し、土地のマカー・インディアンの奴隷にされた。西海岸のハドソンズ・ベイ・カンパニーの交易所に救助され、イギリス経由マカオに送られている。

元のページに戻る


コメントは 筆者 までお願いします。
(このサイトの記述及びイメージの全てに著作権が適用されます。)
07/04/2015, (Original since 09/03/2006)